最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」

効果は!? 口コミや評判、レビューでは・・
最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」

 

イティブが発音するときの口の動きが
すべて正確に再現され
多くの日本人が悩むカタカナ英語から卒業できる・・


すでに2,500人以上の日本人を
バイリンガルに変身させたという

ScottPerryTonguePositionを映像化した
発音矯正トレーニングメソッドです。



基本構成は、
まずはネイティブが発音するときの舌の動きを
CG映像を見ながらマネします。

次に実際にネイティブが発音する時の口の形を確認します。

母音の音の発音をマスターしたら
その単語の発音のトレーニングをします。

そして最後に、
その単語が入った英文でスピーキングの練習をします。

非常に分かりやすい解説付きです。
 



このDVDには、ネイティブが発音をする時の
CG映像が収録されています。

口の中に番号がふってあり、
舌をどの位置にもっていき発音するかが、
一目でわかるようになっています。


巷にある書籍や発音教材では、
実際の英語の発音方法を
詳しく教えてくれるものはなかなかありませんが、

ネイティブスピークでは、
すべての母音と子音を1つずつ、
舌の位置、口の開け方、
唇の動かし方をデータとして落とし込んでいます。


ネイティブが発音する時のすべてを1つ1つ
詳しく具体的に見ることができます。

今までどうしても発音できなかった音も、
数字に合わせて舌を動かすだけで、
正しい発音が習得できるようになっています。







目の前で話しているネイティブの言葉を聞き取れないのは、
日本人が英語を聞く時、

日本語にない音を聞くと、
無意識の内に脳がカタカナの似た音に置き換えてしまうので、
英語の聞き取りがうまくいかないのです。


英語には全部で16個の母音と、24個の子音があります。


日本語の母音は
「あ、い、う、え、お」の5個しかなく、

英語にあるその他の11個の母音は、
日本語にはありません。


子音に関しても、L や R をはじめ、
舌を歯と歯の間に挟みながら発音する TH や、

上の歯で下の唇を押さえながら発音する V など、
これら16個の子音は日本語にありません。


発音記号(発音記号)を覚えるということは、
そのような「日本語には無い音」を覚えるということになり、

聞き取れなかった英語の音を習得でき、
その結果、リスニング力を伸ばすことができるのです。
>>詳しくはこちら

最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」
















検証結果は!?口コミや評判、レビューでは・・